2012年05月07日

ミニ浴衣の着方、浴衣の着付け


ミニ浴衣とはいっても、着付けは浴衣と一緒です。

基本は、丈が長い(普通)か短いかの違いなので。

着方のポイントは4つです。

 1.衣紋(えもん)
 2.衿合せ(えりあわせ)
 3.着丈(きたけ)
 4.下着(したぎ)

それぞれ詳しく見ていきます。

まず、着丈ですが、普通の浴衣ではくるぶしの辺りまでにします。
ミニ浴衣では当然もっと短くなりますね。

衿合せは少しゆったり目にあわせます。
きつくすると堅いイメージが出ますので、涼を楽しむ浴衣としてはちょっと似合わないですね。
かといってゆるくはだけ過ぎてはだらしなく見えます。

衣紋とは、首の後ろの衿回りのことです。

この衣紋の抜き加減で着物姿のイメージがガラリと変わります。
衣紋の抜き加減、未婚の女性の場合、あまり抜かないように、既婚の女性の場合は、少々抜き気味にします。
目安としては、こぶしひとつより少なめ、です。

最後に下着ですが、長襦袢は着ず、 足袋は履きません。
素肌の上に直接着るのが本来の姿ですが、外出のときは肌が透けて見えるのが気になります。
洋服のスリップなどは使用せず、肌着と裾除けを付けるのがいいでしょう。

これで清楚な感じに着こなすことが出来るでしょう。

浴衣はちょっと清楚に、ちょっと色香を漂わす、そんな着方がいいと思います。

そして、ミニ浴衣ですが、こちらの着付けはちょっと大胆にしてもいいかと。
っていうか、大胆を楽しむのがミニ浴衣だと思います。


この夏はちょっぴり大胆に!

そんな方に朗報です。

今注目されている、食事制限や運動を一切せずに、短期間でみるみる痩せてしまうダイエット手法があります。

私も読みましたが、思わず「えっ!?」と驚くような意外な方法でした。

このノウハウはメール講座という形でなんと今だけ無料で手に入れることができます。

短期間で苦労せずに痩せる方法、ぜひ一度ご覧になってみてください。
詳しくはこちらをクリックして下さい。


posted by ミニ浴衣の上手な着付けがしたい at 09:55| ミニ浴衣 着付け | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。